note7あいまいな素材にあふれた現代の生活空間に、木や漆といった素材があることで、人の心に豊かさや、やすらぎが生まれているのだと、物を作りながら感じています。しかしその存在は、さりげなくあればいいのですが、ことさらにその存在感が全面にでてくると、とたんに居心地が悪くなってきます。一つの物が空間の中で存在感を主張しすぎることに違和感を感じます。

ちゃぶ台

note2学生がちゃぶ台を作った。古いちゃぶ台を観察し、自分の生活と照らし合わせて、新しいデザインを考えていた。考えれば考えるほど、その完成された構造と形に新しいデザインの余地がないと気が付いた様子だっだ。しかし学生が作ったちゃぶ台はちゃんと現代のちゃぶ台に仕上がっていた。ほんのわずかな足の形、幕板や天板の厚み、面の取り方、足の構造が作り出す空間の形、その選択の積み重ねが、デザインなのだということ。 なんでもないちゃぶ台にはデザインの入る余地がないということよりも、デザインの可能性や新しい形へのヒントがあふれているということに、こちらが改めて、気付かされた。

note8お椀の形は昔から変わらないように思えますが、古い時代椀などの資料を見ると多種多彩ではあるもののやはりその時代を映す形をしています。現代のテーブルと椅子での生活では、さらに形は変わってきています。器を作り始めたころは、いい形とはなんだろう。お椀の決定版を作りたいと息巻いていました。今は少し力が抜けて、気持ち良く作りたいということと、お椀の形がどうこうというよりは、器があることで、そのまわりに心地よい空間がうまれることを目指しています。最近は何かを作ろうとする時、フォルムを追うのではなく、そのまわりの空間のたたずまいを意識して制作しています。

漆の色

note2

漆の色と言えば朱や黒を思う人は多いでしょう。初めて漆に魅力を感じたのは黒の鏡面でした。すい込まれる様な艶に、今でも魅せられますが、漆に実際触れて製作するようになってからは、朱色に魅力を感じています。作っていくなかで、不思議なのですが、どうしても朱色でなくてはいけない形があります。そんな時、形には色や文様が備わっているかのような気になります。おおげさかも知れませんが、色や形や文様がばらばらではなく、一体となって生まれてくるような時、それは私という個人の感性を超えたところで、生まれているような気がします。