すみやのお弁当

すみやのお弁当

おなかのなかから楽しくなれるような食べものをつくっている「すみや」さんにお弁当を作ってもらいました。
使って頂いているお弁当箱の修理の間、新作のお弁当箱を使って頂き、使い心地などを聞いていました。そして修理の納品時にお弁当を詰めて返して頂きました。受け取ってすぐに頂いたので、ほんのりまだ温かく美味しく頂きました。

 

すみや ウェブサイト

漆のお弁当箱は抗菌作用があることが、実証されています。なによりご飯が美味しく見えること、軽いことが素晴らしい。

アルミ弁当箱

幼稚園に通う娘のために作ったのはアルミのお弁当箱に漆を焼付け麻布を着せて作った小さなお弁当箱です。温蔵庫に入れるためどうしても木のお弁当箱では困るとのことで、作りました。
娘は皆が使っているキャラクターが印刷されたお弁当箱を欲しがりましたが、内側を朱色で仕上げたお弁当箱はご飯を美味しそうに見せてくれました。最後には娘も気に入ってくれていました。

 

娘のための弁当写真集

 

 

 

横浜美術大学公開講座 後期も開設します。

urushiworkshopsaeki001

横浜美術大学にて公開講座を開設しています。

前期は終了しました。
湿度が高く、塗りには適さない気候でしたが、なんとか皆さんの器が完成しました。
受講生の方々は、食卓での器のイメージを持たれていたので、迷うことなく良い器が出来ました。

今回、初めて後期の開設です。1枚の板から自分だけの器をデザインし、素地より制作してもらいます。皿、盆、プレートなどが作れる材料を予定しています。

かぶれに関しては細心の注意を払い制作してもらいます。
今回は1名のみ、すこしかぶれが出ましたが、他10名はかぶれることなく終了した様です。
後期はより気候的にかぶれにくいと思われます。さらに対策も考えたいと思います。

詳しくはリンク先より申し込み下さい。

期間 6日間 計11回

 9月20日(日) 9:30〜12:00   13:00〜15:30

10月 4日(土) 9:30〜12:00   13:00〜15:30

10月 25日(土) 9:30〜12:00   13:00〜15:30

11月 8日(土) 9:30〜12:00   13:00〜15:30

11月 22日(土) 9:30〜12:00   13:00〜15:30

12月  6日(土) 9:30〜12:00 

定員 12名

申し込み締め切り 9月4日(金)

受講料他詳しくは  下記 木工入門より

横浜美術大学地域連携センター

※おかげさまで、講座は好評により抽選となることがあります。
初めて受講申し込みの方を優先したうえで、厳正に抽選を行っています。
どうぞよろしくおねがいします。

 

箸を塗ろうワークショップ くにたち さえ木

 

箸を塗ろうワークショップ くにたち さえ木 

くにたち さえ木にて 箸ワークショップを開催しました。
代官山 無垢里で開催した内容ですが、木地の用意ができたので、くにたち さえ木にて再度開催することが出来ました。
朝、9時半からというワークショップにも関わらず、みなさん早くから駆けつけていただき、心配した天気もなんとか持ちこたえ、テラスにて制作することができました。
漆の話に皆さん熱心にメモをとり、質問も頂き、有意義な時間となりました。
製作中、さえ木のご飯の準備の匂いと木々に囲まれ、国立にいるというより何処か山荘に出かけた様な気分を味わうことが出来ました。

制作を終え、漆の器に盛られた昼ごはんがテーブルに並ぶと、素晴らしいランチとなりました。ほとんどの食材が地元くにたちで採れたものだとのことです。

くにたち最後の秘境とも言える「さえ木」は「とっておきの教えたくないお店」という声も聞かれましたが、是非皆さんに庭の草木を見ながら料理を味わっていただきたいと思いました。

箸のワークショップは好評で、漆の理解を広める事ができるため、再度、代官山無垢里、くにたち さえ木でも開催したいと考えています。

 urushiworkshopsaeki012

漆の話、箸を塗ろう くにたち「さえ木」にて  

漆の 話、箸を塗ろうワークショップを、くにたち「さえ木」にて開催することになりました。

hashinuri02

代官山でのワークショップでは多数の応募を頂きながら、定員オーバーのためおことわりすることとなってしまいました。そこでさえ木さんの協力のもと、ワークショップをくにたちで開催するはこびとなりました。ワークショップでは漆の話と扱い方などをお話しながら、箸を塗ることを通して身近に漆を感じて頂ければと思います。

Continue reading →

東京 国立 草木 いろいろ さえ木

草木いろいろ さえ木

作家物の鉢に入れた小さな植物たちの展示

植物栽培のアドバイス、鉢・用土などの販売

季節の野菜を使ったごはん、マフィン等の焼き菓子とお飲物の提供をしています。

 

saekichizu


 

所在地   

東京都国立市 JR南武線矢川駅より北へ6分程度

国立駅より矢川行きバス 国立二中下車

東京都 国立市国立市富士見台4-1-3

開店時間  

毎週木曜日  第1、第3土曜日、日曜日

12時より 16時まで

展示などで不定期に開店時間が変更になることがあります。連絡の上お越しください。 

駐車場2台あり
お車でお越しのかたは甲州街道矢川駅入り口を矢川駅方面へ
国立二中交差点すぎて二本目の交差点左折

連絡先 090・8114・2108 (さえ木)
 
 

Continue reading →

草木と漆の器展 3

本日、さえ木による苔玉、ワークショップ開催されます。
6月10日(水) 13時〜 さえ木の苔玉ワークショップ
手ぬぐい、エプロンご持参ください。

本日は午後5時で終了です。

 

 

 

 

 

 

草木と漆の器展 2

本日、さえ木による苔玉、鉢植えワークショップ開催されます。

6月9日(火) 13時〜 さえ木の鉢植えワークショップ

        16時〜 さえ木の苔玉ワークショップ

鉢は持ち込み可。作家の鉢も販売しています。手ぬぐい、エプロンご持参ください。

saeki005saeki003

草木と漆の器展 開催中

草木と漆の器展 開催中です。

無事ワークショップも終え、漆が固まるのを静かに待っています。

今日のさえ木 限定ランチは以下になります。

メニュー

寝かせ玄米
かぶのすりながし
新ジャガイモのブロッコリーあえ
人参、ズッキーニのキャベツ巻き
トマトゼリー
蕗のピクルス
番茶

+ マフィン (ブルーベリーか甘夏)

本日6月8日(月)限定10食、漆の器にて提供します。

特別に友人の陶芸家 岩淵真理さんの陶板を箸置きとして見立て、使わせて頂きました。
料理共々大好評です。 

image2

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

漆の話、箸を塗ろう ワークショプ


[metaslider id=361]

代官山にある暮らしの工房&ギャラリー無垢里にてさえ木との展示を行います。

その中で漆の箸のワークショップも行います。漆のワークショップは漆の話と扱い方などをお話しながら箸を塗ることを通して身近に漆を感じて頂ければと思います。

 

 

草木と漆の器展  さえ木 ×  林 宏

2015年6月5日(金)〜10日(水) 11:00〜19:00 (初日13:00〜 最終日〜17:00まで)   
代官山  無垢里

漆の話、箸を塗ろう 定員6名 約2時間半3800円(税別) 箸2膳を仕上げます。

7日(日) 13時〜

手ぬぐい、エプロン持参下さい。 ※かぶれには十分配慮して行います。 漆の基本的な知識や扱い方、箸を通して、より身近に漆を感じていただければと思います。
(制作した箸は後日郵便にて送ります。 送料込み)       

ワークショップ予約電話番号 無垢里 03−5458−6991

暮らしの工房&ぎゃらりー無垢里

〒150-0033東京都渋谷区猿楽町20-4 TEL:03-5458-6991 FAX:03-5458-8132
営業時間:11:00〜19:00 定休日:木曜日(他夏期、冬期の休み有り)
代官山アドレス方面へ出て徒歩三分 シェリュイとA.P.Cの間の路地約50m左手

 ワークショップはおかげさまで定員につき予約は終了しています。

東京 国立 さえ木 にて近日中にワークショップ開催を予定しています。

 

みること 3

note6見ることについて気になっている。写真と絵画のちがいについて考える時、デビッド・ホックニーが始めた写真を部分で撮影してつなぎ合わせる手法を思い出した。写真によるキュビズムや、視点の動き、遠近法にも踏み込んで表現できたのは画家の視点、絵を描く視点があったからなのだと思う。気になって図書館でなつかしく画集を見ていると、ホックニーが写真的視点について研究している「秘密の技法」を知った。カメラ・オブスキュラや、カメラ・ルシーダ、レンズを利用して絵画を描いてきた歴史を研究した学術書だ。最近イギリスで開催されたA bigger picture という展覧会のカタログには大きなキャンバスいくつも繋げて野外で描くホックニーの姿と9台のモニターを繋げた画面に9台のカメラ映像として風景を描いている姿がある。カメラについての考察を進化させているように思う。日本への巡回展があれば、久しぶりにホックニーの絵と映像を見てみたい。